読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

326’s blog ”Let's Try It !” やってみよまい!

日々起こる出来事、try & eroor を書き留めよう‼︎

Reホーム

D.I.Y. メンテナンス

知人の競技車両(バイク)を運ぶ為の車(トランスポーター)をリホームする事に!

自分の所有するH19年式ハイエースも納車と同時にD.I.Y.でトランスポーター化、後部座席とカーペットを剥がされ全面床張り。ポンリューム(住宅用クッションフロア)張って仕上げると、少々の水濡れや泥なんかはサッと一拭きで綺麗に掃除出来るんですよネ!当時モタードやエンデューロなど遠征に出かける事も多く、同時に5人乗車とフルサイズモトクロッサー2台搭載 & 1台乗せたままベッド設営して寝れる仕様を目標にベッドを作成。(両サイドのボックス(物入れ)と縦4分割のベッドマット)

f:id:rururu326:20160422223131j:plain写真は、2年程前にクッションフロアとベッドマットを張り替えた時のものです。最初のベッドは40㎜程のウレタンスポンジ入り(ふわふわで寝心地最高!)でしたが、収納時マットの厚みがかさばったのでカーペットに変更。現在この自作ベッドキットは、友人の車両で活躍中です。この他にも数台の床張り施工、脱着可能フロアの製作などを手掛けてきました。この頃、本気で架装屋さん始めよっかな〜なんて思って観たりしてたんですネ!

今回は、キャンピングカーの既存ベッドの手直し加工とシャワーヘッドの補修の依頼。中古のトランスポーターを購入した依頼者様から、親子3人で川の字になって寝たいとのご要望。既存のベッドキットは床から90cmとその半分位の高さの2wayに使える様に工夫されていましたが、

f:id:rururu326:20160422234355j:plain

生まれたばかりの赤ちゃんとお母さんが寝るにはマットが高過ぎて危ないので、両サイドのボックスを低い方に合わせてカットする事に!ただ、右側のボックスはキャンピングカーには構造上必須の給排水設備が有り加工出来ない為、左側ボックスを下段に合わせてカット。表面の処理も元と同じ仕上がりに成る様注意を払って作業する。

f:id:rururu326:20160422234513j:plainボックスの高さが低くなった分、壁のアラが見えてしまったので何かで隠さないといけませんネ!

f:id:rururu326:20160422235936j:plain

 シャワーヘッドは割れてテープでぐるぐる巻きになっていたので交換。シャワーとシンクの蛇口を切り替えて使用するタイプで、家庭用のシャワーヘッドではないのでホームセンターなんかでは売ってないんです。キャンピングカー用品屋さんのホームページで探してホースごとアッセンブリー交換。

f:id:rururu326:20160423001147j:plain

f:id:rururu326:20160423001215j:plainこれはホースの根元から外して取り替えるだけなんであっさり終了!

久しぶりに大工の真似事して楽しかったですね。8月にエンデューロの遠征?応援?も控えているので、自分のハイエースのベッドも新しいのを作ろうかと思案中の "rururu326" です。