読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

326’s blog ”Let's Try It !” やってみよまい!

日々起こる出来事、try & eroor を書き留めよう‼︎

異物が!!

バイク メンテナンス

エアクリーナーの掃除に引き続きオイル交換です。

我々が乗っているモトクロッサー等の高性能エンジンはその競技車両という性格上、パワーと操縦性を重視し各部品単位での軽量化も進んでいるので、公道を走行できる車両と比べエンジンの耐久性は低いのが現状です。その為オイル交換のタイミングは自分の使用頻度にもよりますが、各メーカーが推奨する時間(各社サビスマニュアルに記載)を参考にマメに行うのが良いようです。ちなみに自分のバイク(KTM250SX-F)は実働5時間でオイル&エレメント交換とあったと思います。銘柄も好みの物を使用すれば良いのですが、車と違いバイクはエンジンとミッションを同時に潤滑するものが多く、添加物の多い高級オイル等はクラッチの滑りなどのトラブルの原因になることが有る様です。メーカー推奨の純正オイルの使用が好ましい様ですネ!

オイルパンのドレンボルトを外してオイルを抜く。この時、オイルエレメントやストレナーなどの各パーツも必要に応じて交換・掃除する。KTMのドレンボルトにはマグネットが付いていてオイルの中の鉄粉なんかを吸着してくれるんですが、なんと今回変な”異物が!!”

f:id:rururu326:20160424214547j:plainボルトの先っぽの細くなっている所が磁石になってるんですが、何か着いてる?5H毎にオイル交換を心掛けているので黒く汚れてる事は無いんですが、ドレン抜くといつも鉄粉で針山の様になっているんです。今回はその中に極めて大きな異物が!直後の写真を撮るの忘れたので掃除後の写真ですが、これって鉄粉って領域じゃないですよね〜。鉄粉を取ってくれる事はエンジンにとっては良い事なんでしょうが、こんなでかい鉄片が出てくるとええのかなぁ〜って思いますよねぇ。こんな時は流れて出て行ってくれた方が気が付かんでエエのにネ!国内4メーカー用に社外品でマグネット付きドレンボルトも発売されていたと思いますのでバイク乗りの方は、御利用されるのも良いのではないでしょうか。

次回はオイル入れます。  "rururu326"でした。