326’s blog ”Let's Try It !” やってみよまい!

日々起こる出来事、try & error を書き留めよう‼︎

出先での作業続きで・・・。

 ここ数日でグッと寒くなりましたが、風邪など引いていませんか?

 4t車ユニック車で全国に荷物を届ける "rururu326"さん、キャビン後部の寝台にもシュラフを持ち込んで冬支度もバッチリです。

 冬は暖かい格好でシュラフに包まって喉の乾燥防止にマスク付ければエンジン止める方が振動も無くて快眠できますyo!※夏は暑過ぎてエンジン止めると熱中症が危険なので、環境には悪いですがエアコンは必需品です。

 それはさておきココ数ヶ月、北は青森から関東・四国・広島・九州長崎まで、現場と会社を行ったり来たりでなかなか家に戻れず、ご依頼頂いているオリジナルキャップやワッペンの作成にも影響が・・・。

 上手く車を停めれた時は寝るまでの時間を使ってデータ作りです。

 前にも触れた事ありますが、最近の各社クラウドサービスがほんと便利で日本中何処にいてもインターネットに繋がってさえいれば家のMacで作業中のデータを出先のWindowsパソコンで仕上げられるんです。

 部屋のPCで作業するって固定観念を無くす様なシステムを創った人達って凄いですよね。

 その凄い人達の恩恵を受けて日々データ作りに励んでいますyo!

f:id:rururu326:20181202001339j:plain

f:id:rururu326:20181202001748j:plain

f:id:rururu326:20181202001829j:plain

f:id:rururu326:20181202001857j:plain

 

 時間を見つけてはデータ作成してますが、刺繍機で出力してみないと仕上がりが判らないです。

 こればっかりは、家に戻らないとどうしようも無いと諦めている "rururu326"さんです。


 

 

brother 帽子枠(続)こんなトラブルありませんか?

 先日改良して位置決めが安定したbrother 帽子枠でしたが、ツバが湾曲した一般的な形の野球帽へ刺繍する為、位置決めの確認で刺繍機を動かしたところ、一番ツバに近い両端部でツバと刺繍機本体との接触で帽子枠に無理な力が加わり異常停止、枠がズレるトラブル発生!

 フラットバイザーキャップはツバが平らなので、本体と接触しても程良くしなって逃げてくれたんですが、湾曲したツバは強度が高く逃げてくれなかったんですネ。

 そこで外していた『ひさし押え』を元に戻して使用してみると干渉はしなくなりますが刺繍位置が、若干上方向にズレる様です。

f:id:rururu326:20181007004021j:plain

f:id:rururu326:20181007004042j:plain帽子枠の固定部爪がツバ縫製部分から5mm程ずれています。

 そこの問題解消が、前回作った位置決スペーサーを使う事でしたが、ひさし押えそのままではセンターの出っ張りが邪魔なのでサンダーでカット、スペーサーにも逃げを作る事でスペーサーで位置決めしながらひさし押えも使用出来る様になります。

f:id:rururu326:20181007002703j:plainf:id:rururu326:20181007002744j:plain

f:id:rururu326:20181007002808j:plain

f:id:rururu326:20181007002829j:plain

f:id:rururu326:20181007004530j:plain

f:id:rururu326:20181007004553j:plainツバは若干、変形しますが固定用爪は端部にピッタリ合って位置決め完了です。※ツバの変形は作業終了後、速やかに元に戻せば大丈夫の様です。

 

f:id:rururu326:20181007005526j:plainやはりメーカーがテストを重ねて作った部品は無駄じゃ無いですよネ〜。

 フラットバイザーキャップは『ひさし押え』を使わなくても大きな問題はない様でした。※擦れ防止の養生は必要です。

 絶妙なクリアランスにびびった"rururu326"さんでした。

 

3D刺しゅう

 近頃は雨続きで、この間までの暑さが嘘の様ですネ!

 前回の続きになりますが、帽子に3D刺しゅうをしましょう。

 ウレタンフォームを挟み込んで縫い付ける為、f:id:rururu326:20180924225002j:imageワッペンのデータのままでは糸の密度が薄く刺繍糸の間からウレタンがはみ出るので、針密度を1mm当たり14針に設定します。※いつもお世話になっている みしんやさん四日市店さん http://www.misinyasan.com で情報収集して来ました。

 ウレタンに針が入った部分は上手に切れる様になるんですが、サテン縫いの小口の部分は針が入らないので、この部分前工程に垂直方向にサテン縫いを追加します。f:id:rururu326:20180924225140j:image
f:id:rururu326:20180924225143j:image

 そうする事で、刺しゅう終了後にウレタンが綺麗に切り取れます。

実際に刺しゅう機で作業した事のある方なら気が付いていると思いますが、Rの付いたデータでは仕上がりが外側と内側とでは後者の方が針密度が濃くなりますので、その辺も考慮して2工程にする等、データ作りをしましょう!糸切れや針が折れたりする事があります。

 ロゴの周りを白で縁取る事でf:id:rururu326:20180924224834j:imageどんな帽体でもよく映えると思いますyo!

 あくまでも”rururu326 “さんが実作業で感じている事で、これからもTry & Errorで、スキルアップしていく事と思います。

 ちなみにウレタンフォームは糸の色に合わせるとはみ出しが目立たないですyo!

brother 帽子枠こんなトラブルありませんか?

 今回は、先日作成したワッペンのデータを使ってオリジナルキャップを作ってみた "rururu326"さん。

 brother PR670Eと同時に帽子枠も導入したんですが、これが結構癖があって使いにくいんですネ!

 You Tubeで見る動画やと刺しゅう枠にセットするのも縫い始めるのも簡単にやてる様に見えるんですが、実際にやってみると・・・。※各社メーカーの違いはありますが(^◇^;)

 帽子枠にセットすると、まず固定用バンド左側の逃げが中途半端でツバに干渉して上手くセンターが出せない。

f:id:rururu326:20180923173800j:plain

写真上、固定用バンドを深く切り込んだったらクリア出来ましたがまだ改善の余地ありです。

 次に気がついた事は、縫い上がりが上方向に微妙にズレて違和感あり。

 帽子枠にはツバを固定するガイドが付いていたんですが、最近の帽子はツバが大きくて上手くはまらないので外していますが、帽子のツバが作業中に刺繍機本体に干渉して帽体が下方向にズレが発生、縫い始めと縫い終わりの位置が違う為、微妙な歪になってました。

 この問題は、帽体を固定する時にツバと枠の間にスペーサーを入れる事で

f:id:rururu326:20180923180521j:plain

f:id:rururu326:20180923180628j:plain

押されてもズレない様になります。

f:id:rururu326:20180923181445j:plainこれは幅25mm厚さ3mm程の鉄板、曲げ加工は素人では無理なので何かええもん無いかと某ホームセンターを物色中、ダクト・配管コーナーで程良い吊り金具発見!

f:id:rururu326:20180923182103j:plain半分に切ってスペーサーの出来上がり!

 帽子枠本体の固定用爪が帽子のツバにぴったりフィットする様になって位置決めが安定する様になりました。

f:id:rururu326:20180923183135j:plain

 暇さえあれば何か使えるモノ無いかな〜と各種ホームセンターを物色して回るのが趣味の"rururu326"さん。

 今回は最近のお気に入り『ホームセンター バ◯ー』で見つけました。

 たま〜に、くだらない趣味が役に立つ事があるんですyo!(笑)

 試行錯誤しながらも既に半年ほど経ちましたが、Try & Errorで奮闘中!

 ちなみに今は、iPhoneで撮った動画がMacに同期出来ずに困ってます(^◇^;)

 

 何でも流用するのが好きな"rururu326"さんでした。

 

 

チームワッペン

 いつもお世話になている名古屋市名東区自転車屋

『Hot Spin』

http://hottspin.jp/

さんからのご注文頂きましたチームワッペンが出来ましたので納品に伺いました。

f:id:rururu326:20180918000855j:plain

 自転車競技に着用するウエアは体にフィットする感じのジャージで、貼り付けた時に突っ張らない様にとのご要望でしたので、ポリエステルツイルの生地に標準的な厚さの接着芯2枚重ねで柔らかいワッペンに仕上げました。

f:id:rururu326:20180918001231j:plain

f:id:rururu326:20180918001259j:plain

 標準的な接着芯とは?刺しゅうをする(刺しゅう枠にはめる)時に生地が伸びて図柄が歪むのを防ぐ為の裏地で、アイロン(中温)で貼り付けます。

 刺しゅう後は余分な部分は破いて剥せるんです。

 なぜ二枚重ねかって?ポリエステルツイルって生地が厚みが薄いんです。

刺しゅう機での作業は、薄い生地より厚みのある方が作業がし易いんです。

 厚みがあっても、ニットやトレーナー、タオル地なんかは伸縮するので難しくそれぞれ手法が有る様なのです。

 ワッペン用には破れない接着芯というのがあって刺しゅう後、剥れ無い物もあり、これに縫い付けなくとも熱圧着で貼れる便利なシートを貼るとアイロン接着ワッペンの出来上がり!これだと仕上がりがパリッと固すぎてジャージへの追従性が悪いのです。

 今回のポリエステルツイルは薄い生地ですがあまり伸縮しない生地なのと、自分達で縫い付けるという事でしたので標準的な接着芯を2枚重ねてアイロンで貼り付けて程よく張りが出て縫い縮みも無く綺麗に仕上がりましたyo!

 ポリエステルは熱で溶けるので仕上がったワッペンをヒートカット(ハンダゴテ)して出来上がりです。

 なかなか作業がはかどらずご迷惑をおかけしている“rururu326”さんです。

 

出先でもサクサク

 先日導入したmouseコンピューター

 性能の事はよく分からないですが、電源入れてからの起動の速さ、作業が軽いと言うかスムーズに動くのはとても良いですね!

 家のiMacで作業中のデータにもiPhoneのデザリングでインターネットに接続すれば

f:id:rururu326:20180828235403j:imageIllustrator

f:id:rururu326:20180828235518j:imagebrother刺しゅうproも

サクサク動きます!

 それまでのPCでも同じ様に出来たんでしょうが、遅過ぎてストレス溜まって待ちきれんかったσ(^_^;)

 明日、埼玉県深谷市への配達の為関越道下り高坂SAで待機中の”rururu326”さん。

 f:id:rururu326:20180829002256j:image作業中のデータは

 昔からお世話になっている名古屋市自転車屋 Hott Spin  http://hottspin.jp/ さんのワッペン用データです。

 車内で作業出来ると待ち時間が有効に使える様になった”rururu326”さんです。

 

 

ご無沙汰しました。

 昨年8月患った夏風邪のダメージが大きくブログを投稿してたのも忘れてた “rururu326” さんです。

 早いもので1年経っちゃいましたσ(^_^;)

 昼間の仕事は青森から鹿児島まで、行けと言われれば何処でも配達致しますが、昨年暮れクレームで何件かマンホール交換してから仕事が激減⤵︎した様な気がします。品質の良し悪しが受注に大きく影響してる様に感じる“rururu326”さんです。

 ただ、燃費性能向上と電気自動車など自動車会社の技術開発の賜物も影響しているんでしょうネ!

 夜の仕事の方もデータ作成用サブマシーンも調子の悪かったMacbookProとWindows7ノートを処分してmouseコンピューターでWindows10を導入。

f:id:rururu326:20180817010616j:imagef:id:rururu326:20180817010621j:image

 出力機器では新たに brother PR670Eを導入しました。

f:id:rururu326:20180817010759j:imagef:id:rururu326:20180817010803j:image

 知り合いからの問い合わせもいただき『刺しゅう綿弥』超微速発進ですが、始まりました。

 またボチボチ投稿をしますのでヨロシクお願いします\(//∇//)\

 昼の仕事と同様安全運転で技術の向上を目指す “rururu326” さんです!