読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

326’s blog ”Let's Try It !” やってみよまい!

日々起こる出来事、try & eroor を書き留めよう‼︎

刺しゅう枠

使用頻度が高く酷使される刺しゅう枠ですが・・・。

f:id:rururu326:20170318173049j:plain

半年ぐらい前に片側が割れてしまったので、きつく締め過ぎない様に気を付けてきましたが、とうとう分離しました。

これが無いと作業が出来ないので、早速発注して来ました。

お店の方の話によると『枠のはめ方が強過ぎる』との事。※通常、女の人が使用している物をええ歳こいたオッサンが手加減しても『強すぎ!』って事でしょう。(^_^;)

今回はダメ元で、『補強&補修』します。

そのまま接着剤付けても強度が出ないので接合部に鉄芯を入れて補強してみます。

用意するもの、補強と接合用の『鉄芯』少し太めの『鉄鋼用ドリル』

f:id:rururu326:20170318175657j:plain

折れた小口に鉄芯が入るようにドリルで穴を開けます。この時、スカタンくって手に穴開けやん様に気を付けましょう!

f:id:rururu326:20170318180210j:plain写真は、『皮一枚で済んだの図!』

f:id:rururu326:20170318180529j:plain

f:id:rururu326:20170318180614j:plain

穴空いたら、接合用に『プラリペア』を用意します。

この商品、プラッチックの粉末を溶剤で溶かして固めるという物で、かなり強力に引っ付きますyo!

接着すると言うよりも固める感じですので、接合部小口の面取りして樹脂との接触面を増やします。

穴にプラリペア粉末と溶剤を入れて補強用の鉄芯を挿入、もう片方も同じ様に施工後、両方を繋ぎ合わせて固定します。

固まるのに時間が掛かるので、外枠にマスキングテープなどで養生してはめ込んで固定、接合部に肉盛りします。※養生しないと外枠と引っ付くので注意が必要ですyo!

f:id:rururu326:20170318182546j:plain

f:id:rururu326:20170329224057j:plain

乾いたら外枠と接する余分な部分を削って成型して完成です。

使い方によては、欠損して無くなった部分も成型する事が出来るので一家に1台?あっても良い商品ですネ!※硬化するとすごく硬くなりますが粘りがないので力がかかると割れやすいです。写真の様な細くてしなる所には不向きかもしれません!

新しい刺しゅう枠も来ましたので二つになりました。

壊さんように優しく使おうと心がける "rururu326" さんでした。